1. トップ
  2. ブログ・お知らせ
  3. 【「塗る」ではなく「浸す」お煎餅】
ブログ
【「塗る」ではなく「浸す」お煎餅】
2020/02/14
こんにちは!実は先日、仕事でとっても嬉しい出来事がありました!
それは、自分の接客が良かったと口コミに載せていただけたことです。

私としてはいつも通りに接客していたつもりだったのですが、
お客様と話したちょっとした雑談が楽しかったと喜んでいただけたようで、
それが口コミに載ったことがめちゃめちゃ嬉しかったです(T_T)
 その日帰宅してから、いろいろあったけど
今まで頑張ってきて本当に良かったと一人でこっそり泣いてました(笑)

…ということで、2020年に入ってから初のブログとなります!口コミに関係なくより多くのお客様に高山に来て楽しかった!また行きたい!と思って頂けるような接客を頑張っていきたいと思います!
よろしくお願い致します(^O^)


突然ですが、高山に来たら、飛騨牛や高山ラーメン、
焦がし醤油のみたらし団子を定番として“食”を堪能しに見える方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、上記の3つに加えてもう一つ紹介したい食べ物があります
。それは、街中にある、煎餅堂というお店で立ち食いができます。

焼き立ての煎餅をたっぷりの醤油に浸し、
海苔を巻いてひし形の紙製で包んで提供もらえます。
大きさが手のひらサイズくらいあり、
その紙製の袋には「食べ残されたせんべいは、
この袋に包んでお持ち帰り下さい」と書いてあるので、
食べきれなかった分はきれいに持ち帰ることもできて便利です。

醤油を塗るというよりも「浸す」感じなので
袋の底には滴り落ちた醤油が…(*´▽`*)
出来立ての写真を撮ろうとしたのですが、
気づいた時には既にりぃなに食べられていました(笑)